<< 大阪の児童養護施設、保育士が2女児に性的虐待(産経新聞) | main | <全国町村会>新会長に藤原・長野県川上村長を選出(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


インフル、B型など季節性の割合が増加(医療介護CBニュース)

 新型インフルエンザウイルスの検出・報告が減り、B型など季節性の割合が増えていることが4月16日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。2月ごろまでは検出されるインフルエンザウイルスのほとんどが新型だったが、3月以降では新型の割合が8割にまで減少。一方、A香港型やB型の検出は継続的に報告されており、特にB型の割合は1割を超えている。

【インフルエンザ定点あたり報告数詳細】

 同センターによると、昨年7月上旬以降は検出されるインフルエンザウイルスのほとんどが新型になり、2月中旬までに検出されたウイルスの99.33%が新型だった。
 しかし、3月1日-4月4日の5週間に検出・報告されたインフルエンザウイルスでは、新型の割合が79.3%にまで減少。継続的に報告されているB型(15.8%)、A香港型(3.3%)の割合が増えている。

■インフル定点0.12、注意報地域ゼロに
 全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数は、4月5-11日の週は0.12だった。前週より0.05ポイント減り、11週連続の減少となった。
 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、32道府県で前週よりも減少。流行の指標となる「1.0」を超えたのは佐賀(1.18)だけだった=表=。

 警報レベルを超えた保健所地域は8週連続でゼロ。注意報レベルのみを超えた保健所地域も2週ぶりにゼロだった。


【関連記事】
B型インフル、検出続く―注意必要と感染研
A香港型、4か月ぶりに検出―インフルエンザ
現場の混乱招いた? 新型インフル対策の「広報」で議論
新型インフル総括会議が初会合
インフル患者、10週連続で減少

阿久根市長ブログに裁判官月給一覧…判決に反発(読売新聞)
新築の住宅やビル、省エネ基準適合義務化へ(読売新聞)
NPOなど先遣隊派遣=相次ぐ医療支援の動き−中国青海省地震で(時事通信)
「打倒!! 鳩山政権」保守系地方議員ら決起集会(産経新聞)
都バスに乗用車が衝突=1人心肺停止、6人負傷−東京(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 06:22
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
ネットビジネス
ブラック キャッシング OK
カードでお金
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM